nanotech_japan

ご利用案内

GENERAL REMARKS

ナノテク融合技術支援センターは東北大学産学連携本部の運営指針に準拠して行われます。
ご利用に際して以下の点にご留意ください。

ご利用頂ける方

ナノテクノロジーに関連した研究を行う研究者であれば、企業・研究機関問わずご利用いただけます。なお、ご利用にあたっては利用細則の遵守が必要です。必ずご覧下さい。

ご利用について

利用成果を公開する公開事業と非公開事業(自主事業)という2つの枠組みから選択できます。
料金形態が異なりますので、料金表にてご確認ください。
公開事業の場合、利用報告書(A4/1枚)の提出が必要となります。利用報告書は代表機関等のホームページで公開されますので、特許出願、論文投稿などの理由による公開の延期をご希望の場合には、最長2年間の公開延期が可能です。

ご利用の流れ



  1. 支援内容の相談(必要に応じて)
  2. ID&パスワードの申請(はじめてのお客様のみ)⇒ Click here
  3. 課題申請 ⇒ Click here
  4. 課題審査委員会による非公開審査→審査結果の通知
  5. 担当教員との打合せ
  6. 契約(秘密保持契約等、必要があれば柔軟に対応致します。)
  7. 支援実施   
  8. 料金納入      
  9. (成果公開の場合)報告書の提出⇒ Click here (記載例・技術相談用報告書はこちら


利用形態

支援形態は以下のとおりです。どの形態が適当であるかなど、ご不明な点がある場合は、メール(cintsoffice(@)rpip.tohoku.ac.jp)にてご相談ください。

技術相談

利用者の技術的な相談に応えるコンサルタントとしての支援。

機器利用 (装置利用)

利用者が本学に来所し、自ら試料作成や機器操作等を行う。必要に応じ、技術支援員等は操作法・解析法などの簡易指導を行う。

技術補助(技術支援)

利用者が本学に来所し、利用経験はあっても一人では希望する設備を操作できない場合に、技術支援員等の指導のもとで一連の研究を行う。技術支援員等は、随時、技術支援を行う。

技術代行(受託支援業務)

利用者から提供された課題に関して、技術支援員等が全面的に設備を操作して研究を行い、結果を利用者に提供する。

共同研究(共同支援業務)

共通の課題についての一連の計画を両者で立案し、共同で研究を行う。

謝辞記載のお願い

研究支援を受けて得られた成果を論文や学会等で公表する場合は、謝辞に必ず以下の文言を掲載下さい。

【和文】本研究(の一部)は,文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業(東北大学(ご利用の支援分野)プラットフォーム)の支援を受けて実施されました。

【英文】(A part of) This study was supported by Tohoku University ○○○ Platform in Nanotechnology Platform Project sponsored by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.