nanotech_japan

平成23年度イベント報告

MEMS 集中講義 in 京都 開催をしました。

●日時:8月9日(火)・10日(水)・11日(木) 9:30〜18:00

●場所:MEMS集中講義 立命館大学朱雀キャンパス本館5階大講義室
MEMSPCカフェ 立命館大学朱雀キャンパス本館7階たわわ    
見学会(立命館大学) 立命館大学びわこ・草津キャンパステクノコンプレクス    
見学会(京都大学) 京都大学 次世代低炭素ナノデバイス創製ハブ拠点

●主催:東北大学マイクロシステム融合研究開発センター、MEMSパークコンソーシアム、立命館大学先端マイクロ・ナノシステム技術研究センター、産総研集積マイクロシステム研究センター
共催:東北大学マイクロ・ナノマシニング研究教育センター、東北大学ナノテク支援センター

●定員:30名(先着順・事前申込制)

●参加費:無料(交流会参加費はMEMSPC会員以外、3,000円) 冊子とDVDおよび付録で(1) 「近代技術史学」の冊子を無料配布 申込不要直接参加可、なおMEMSPCカフェ、見学会へのご参加、昼食弁当を希望される方は事務局(memspc@mems.mech.tohoku.ac.jp)にお申込みください。 なお、参加できない方で冊子とDVDを希望の方には郵送いたしますので、下記までご連絡ください。

●問合せ先:東北大学 江刺・田中研究室 中野裕 Tel.022-795-6934, Fax 022-795-6935、  E-mail nakanoyu(@)mems.mech.tohoku.ac.jp

プログラム

【8月9日(火)】  
10:00-12:00 マイクロマシニング1(概論、フォトファブリケーション、エッチング)[江刺]  
13:00-15:20 マイクロマシニング2(堆積、接合、複合プロセス、パッケージング他)[江刺]  
15:30-17:20 自動車・家電関連(圧力、加速度センサ・ジャイロ他)[江刺]  
17:20-17:50 試作コインランドリ[戸津]

【8月10日(水)】
9:30-10:30 接合実装[高木] 10:30-11:30 圧電MEMSデバイス[小林]
11:30-12:30 マイクロエネルギ源[田中]
13:30-15:20 RF関連MEMS(MEMSスイッチ、RFフィルタ)[田中、鈴木]
15:30-17:00 光関連MEMS(赤外線イメージャ)[木股]
17:00-17:30 産総研UMEMSME(集積マイクロシステム研究センター)とMEMSの課題[前田]
17:30-18:00 IMECにおける集積化MEMS技術の開発 [田中]
18:10-20:00 MEMSPCカフェ
18:10-18:40 講演「立命館大学先端マイクロ・ナノシステム技術研究センター」[木股]
18:40-20:00 交流会

【8月11日(木)】
9:30-11:00 医療(カテーテル 他)[芳賀]
11:10-12:30 バイオ関連[西澤]
13:30-15:00 ナノマシニングとナノ構造体[小野]
15:10-16:10 マイクロアクチュエータとMEMSディスプレイ・光スキャナ[江刺]
16:10-18:00 製造検査関連(電子線制御、分析、微量流体制他)[江刺]

<p>

第1回高磁場NMRセミナー〜800MHz NMRの材料科学への応用〜 を開催しました。

 今秋より、800MHz NMR(東北大学大学院理学研究科巨大分子解析センター)の一般利用が始まります本装置の特徴や最近の材料科学への応用について紹介致しました。本装置の特徴は、高磁場による高感度化に加えて、高速回転プローブの開発により高分解能化と高感度化を達成しています。また、固体試料測定が微量の試料で可能になりました(最小試料有効体積 0.8マイクロリットル :1 mm MAS (80 kHz))。本装置の利用受付はナノテク融合技術支援センターにて行います。
当日は遠方からのご参加もあり40名をこえる方々にお集まり頂きました。ご参加まことにありがとうございました。


●日時:10月17日(月) 14:00〜16:00
●場所:東北大学 材料・物性総合研究棟1階大会議室(片平キャンパス)
●主催:東北大学ナノテク融合技術支援センター、日本電子株式会社
●参加費:無料
●問合せ先:東北大学ナノテク融合技術支援センター Tel.022-217-6037,
 E-mail cints(@)rpip.tohoku.ac.jp ()を外してメールを下さい。

プログラム

開会
14:00 開会挨拶 今野豊彦(東北大学ナノテク融合技術支援センター) 
14:10 利用説明 權垠相(東北大学大学院理学研究科巨大分子解析センター) 
14:20 JNM-ECA800 FTNMRシステムの紹介   江口恵二(JEOL RESONANCE)
14:50 1mm MAS(80KHz)が切り開く未来  西山裕介(JEOL RESONANCE)
15:20 高磁場NMRの材料科学への応用例  西山裕介(JEOL RESONANCE)     
29Si NMRや27Al NMRによる無機鉱物の解析、および27Al / 25Mg / 43Ca MQMAS法による無機スラグの構造解析他 
15:50 相談受付
閉会

第2回高磁場NMRセミナー〜800MHz NMRの特徴とその応用〜 開催しました。

今秋より、800MHz NMR(東北大学大学院理学研究科巨大分子解析センター)の一般利用が始まります本装置の特徴や最近の材料科学への応用について紹介致しました。本装置の特徴は、高磁場による高感度化に加えて、高速回転プローブの開発により高分解能化と高感度化を達成しています。また、固体試料測定が微量の試料で可能になりました(最小試料有効体積 0.8マイクロリットル :1 mm MAS (80 kHz))。


●日時:11月24日(木) 14:10〜17:00
● 場所:東北大学 理学研究科化学学生実験棟(化学棟)2階 第一講義室(青葉山キャンパス)
 詳細はこちら
●主催:東北大学ナノテク融合技術支援センター、日本電子株式会社
● 参加費:無料
●問合せ先:東北大学ナノテク融合技術支援センター Tel.022-217-6037,
E-mail cints(@)rpip.tohoku.ac.jp ()を外してメールを下さい。

プログラム

14:10 開会挨拶 手老省三(東北大学ナノテク融合技術支援センター) 

14:20 利用説明 權垠相(東北大学大学院理学研究科巨大分子解析センター) 
14:30 JNM-ECA800 FTNMRシステムの紹介   江口恵二(JEOL RESONANCE)
14:50 溶液NMRの応用 (DOSY法、多核種NMR、マイクロプローブ)  江口恵二
15:30 1mm MAS(80KHz)が切り開く未来  西山裕介(JEOL RESONANCE)
16:00 高磁場NMRの材料科学への応用例  西山裕介(JEOL RESONANCE)
16:30 固体測定の相談受付

閉会

第10回ナノテクノロジー総合シンポジウム及びnano tech 2012 国際ナノテクノロジー総合展にブース出展しました。

CINTSの支援成果が「ナノネット5大成果」として選 ばれ、2月15〜17日に東京ビッグサイトに於いて開催される「nano tech 2012」 で展示しました。
■nano tech 2012 国際ナノテクノロジー総合展■

●日時:平成24年2月15日―17日
●場所:東京ビッグサイト (東京都江東区有明3-21-1)
●主催:nano tech 実行委員会  

■第10回ナノテクノロジー総合シンポジウム(JAPAN NANO 2012)■

●日時:平成24年2月17日
●場所:東京ビッグサイト (東京都江東区有明3-21-1)
●主催:(独)物質・材料研究機構

   

東北大学イノベーションフェア2012 in 東京にブース出展を致しました。

「東北大学イノベーションフェア2012 in 東京」にCINTSがブースを出展致しました。たくさんの御来場誠にありがとうございました。


●日時:平成24年3月15日(木) 10:00〜17:00
●場所:国際フォーラム (入場無料)
●主催:東北大学

●後援: 文部科学省、経済産業省、宮城県、仙台市、(独)科学技術振興機構、(独)産業技術総合研究所、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(公財)みやぎ産業振興機構、日本経済新聞社、河北新報社、(株)東北テクノアーチ

平成22年度イベント報告

「平成22年度米国NNIN施設利用の夏期研修プログラム」参加のご報告

超微細加工分野の塚本貴城氏(学生)が平成22年度米国NNIN(National Nanotechnology Infrastructure Network)施設利用の夏期研修プログラムに参加しました。 

●プログラム趣旨:本米国NNIN施設利用の夏期研修プログラム (International Research Experience in Nanotechnology NNIN and NIMS)は、日米科学技術協力協定に基づいたナノテクノロジー分野での文部科学省(MEXT)と米国科学財団(NSF)との協力の一環として、学部生及び大学院生を相互に派遣し、ナノテクノロジー研究分野における国際的な人材とネットワークを育成することを目的として平成20年度より行う。 本研修プログラムは、選ばれた日米両国のナノテクノロジー分野の学生を共に相互に相手国のナノテクノロジー関連研究機関に派遣し、派遣された機関の施設を利用する事を通して研究の視野と交流を広めることで、国際的な研究者ネットワークを形成するとともに共に、国際的なリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指す。


●派遣期間:平成22年6月7日〜平成22年8月14日
●報告書はこちらからご覧ください。募集要項はこちらです。

第80回金属材料研究所夏期講習会を開催致しました。

記念すべき第80回金属材料研究所夏期講習会は定員以上の応募があり、各方面から約60名の方々に御参加頂き、盛況のうちに幕を閉じました。 たくさんの御参加まことにありがとうございました。


●日時:平成22年7月28日-30日
●場所:東北大学金属材料研究所
●主催:東北大学金属材料研究所
●協賛:東北大学ナノテク融合技術支援センター
●概要:当講習会では、材料研究に関する基礎から最近の研究動向までを、講義で分かりやすく紹介するだけでなく、身近に体験できる実習も行う。
●プログラムはこちらからご覧になれます。

 

MEMS集中講義/第18回MEMSPCカフェ in つくば 開催のご報告

つくば地区において,MEMS集中講義・第18回MEMSPCカフェを開催しました。 MEMS集中講義は,MEMS技術の基礎的知識から各種分野のアプリケーションへの応用展開まで,様々な角度からMEMS技術を収集できる絶好の機会となりました。 また,8月6日(金)講義終了後,MEMSパークコンソーシアム主催により,産総研の進めるグリーンイノベーションの紹介及び集中講義参加者の相互交流・連携構築を進めることを目的として,第18回MEMSPCカフェin つくば(交流会付き)を併催し,皆様の相互交流・連携構築の場としてご活用頂きました。

●日時:平成22年8月5日-7日
●場所:産業技術総合研究所つくばセンター つくば中央共用講堂 (茨城県つくば市東1-1-1)
●主催:東北大学マイクロシステム融合研究開発センター,MEMSパークコンソーシアム,産総研集積マイクロシステム研究センター
●共催:東北大学マイクロ・ナノマシニング研究教育センター,東北大学ナノテク支援センター

プログラム

MEMS集中講義 平成22年8月5日(木)・6日(金)・7日(土)
見学会(産総研東) 平成22年8月5日(木) 18:00〜19:00(先着50名)
MEMSPCカフェ 平成22年8月6日(金) 18:00 〜 20:00

講師:江刺正喜,羽根一博,西澤松彦,小野崇人,田中秀治,芳賀洋一,戸津健太郎,橋本研也,越田信義,前田龍太郎,高橋正春,高木秀樹,小林健,岡田浩尚

詳細はプログラムでご確認ください。

東北大学イノベーションフェア2010 in 仙台にブース出展を致しました。

 

「東北大学イノベーションフェア2010 in 仙台」にCINTSがブースを出展致しました。たくさんの御来場誠にありがとうございました。

●日時:平成22年10月18日(月) 10:00〜17:00
●場所:仙台国際センター (入場無料)
●主催:東北大学

●後援:(五十音順) (株)インテリジェント・コスモス研究機構、(独)科学技術振興機構、(独)産業技術総合研究所、 (株)七十七銀行、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、仙台市、東北経済産業局、 (社)東北経済連合会、(株)東北テクノアーチ、宮城県、(社)みやぎ工業会、(財)みやぎ産業振興機構

●趣旨:東北大学では教育研究活動や産学官連携の取組みの成果を皆様に紹介し、新たな出会いの場を創出することを目的として、「東北大学イノベーションフェア2010in仙台」を開催する。 情報通信やナノテク・材料、ライフサイエンス、環境・エネルギーなど、最先端の研究・技術内容をブース展示やプレゼンテーションで紹介し、また、パネルディスカッションでは、「シリコンテクノロジーの世界の現状と限界打破に向けた産学の取組み・・その水平展開・・」をテーマに、各界を代表する方々を迎える。

● プログラム詳細はこちら

ナノテクセミナー〜未来を拓くナノテクノロジー〜開催をしました。

●日時:平成22年11月11日(木) 14:30〜17:00
●場所:東北大学 金属材料研究所 2号館1階講堂(片平キャンパス)  
● 主催:東北大学ナノテク融合技術支援センター/東北大学産学連携推進本部
●共催:みやぎ高度電子機械産業振興協議会
●定員:30名(先着順・事前申込制)  
●参加費:無料  ※ただし、会場までの交通費は各自負担です。
●講師:東北大学ナノテク融合技術支援センター長 今野 豊彦

東北大学ナノテク融合技術支援センターと東北大学産学連携推進本部は、みやぎ高度電子機械産業振興協議会との連携の下、 東北大学のナノテクノロジー研究・施設を皆さまにご紹介するセミナーを開催いたしました。ナノテクノロジー研究や材料開発に従事さ れている研究者・技術者の方々にご参加頂き、ナノテクノロジー研究の産業応用例なども交えながら事業の紹介、また施設内のご案内をさせて頂きました。
お陰さまで参加頂いた方々から大変よかったと好評のお声を頂き、盛況のうちに幕を閉じました。

プログラム

14:30〜15:00 ナノテク融合技術支援センター紹介   
15:10〜16:10【見学T】強磁場超伝導材料研究センター 【見学U】百万ボルト電子顕微鏡室
16:20〜16:20 SPring8事業紹介
16:20〜17:00 ナノテクノロジー研究紹介


平成21年度イベント報告

「仙台から広がるマイクロシステムの国際ネットワーク,新しい研究開発モデル,そしてビジネス」セミナーを開催しました。

●日時 :平成21年年4月1日 13:00-17:00
●場所:東北大学マイクロナノマシニング研究教育センター
●主催:東北大学マイクロシステム融合研究開発拠点,MEMSパークコンソーシアム
●共催:東北大学ナノテク融合技術支援センター
●講演者:江刺正喜、戸津健太郎(東北大学)、Philip Peters(IMEC)、Jean-Christophe ELOY(Yole Developpement)他

プログラム

13:00〜挨拶
13:05〜東北大学を拠点に広がる研究開発ネットワークと新しい研究開発・事業化モデル」
     江刺 正喜(東北大学)
13:15〜IMEC's strategy and activity on MEMS」 Philip Pieters(IMEC)1
4:15〜「MEMS markets update and long term trends of the industry」
    Jean-Christophe Eloy(Yole Developpement)  
15:30〜仙台地域の強みを生かす東北研究所」   大高 剛一(リコー)
16:10〜ステルスダイシング技術と仙台ステルスダイシングラボへの招待」内山直己(浜松ホトニクス)
16:50〜「仙台ネットワークを活用した新しいMEMS技術:ニッコー株式会社の陽極接合できる
     LTCC基板の例」田中 秀治(東北大学)
17:10〜「仙台におけるMEMS人材育成プログラム:個別にデバイス試作を行う実践形式」
     戸津 健太郎(東北大学)

電子線描画リソグラフィスクールを開催しました。

本スクールでは、電子線描画リソグラフィ技術およびフォトリソグラフィに関する講義4コマを行いました。また希望者に対して、電子線描画リソグラフィに関する実習を実施しました。

●日時:平成21年5月26日ー5月29日
●場所:東北大学マイクロ・ナノマシニング研究教育センター 3階セミナ―室
●主催:東京工業大学量子ナノエレクトロニクス研究センター
    東北大学ナノテク融合技術支援センター


【趣旨】本スクールは、文部科学省ナノテクノロジー・ネットワーク事業の一環として、産学官の研究者に電子線描画リソグラフィ技術を中心とした超微細加工に関する装置やその原理を学習する場と、電子線描画リソグラフィ技術を実地に習得する機会を提供し、ナノテクノロジーにおける人材育成に貢献することを目的とする。


a) 講義: 5月26日東北大学マイクロ・ナノマシニング研究教育センター 3階セミナ―室において、リソグラフィの専門家をお招きし電子線描画リソグラフィ等についての最近の動向を講義頂くと共に、東工大関係者が電子線描画リソグラフィに関して実践的な講義を行いました。 参加人数は40人以上にもなり盛会に終えることができました。

b) 実習: 5月27日から29日の3日間にわたり、高速トランジスタでのTゲート作成に用いられる、三層レジスト形成、露光というリソグラフィ工程の実習を行いました。 希望者が多く、予定より三名多い12名の方に参加頂き、リソグラフィ技術に対する皆様の関心の高さを知る良い機会となりました。

日本顕微鏡学会第65回学術講演会にブース出展しました。

平成21年5月26日-29日、日本顕微鏡学会第65回学術講演会にブース出展しました。
多数のご来場ありがとうございました。

●日時:平成21年年5月26日-29日
●場所:仙台国際センター 3階

「H21 MEMS集中講義 in 名古屋」を開催しました。

MEMS技術の基礎的知識から各種分野のアプリケーションへの応用展開まで、様々な角度からMEMS技術を収集できる絶好の機会でした。  また、8月5日(水)講義終了後,MEMSパークコンソーシアム主催により、MEMS パークコンソーシアムのPRと会員企業の紹介,講座参加者の相互交流,連携構築を 進めることを目的に,MEMSPCカフェin 名古屋を開催いたします。是非,皆様の相互 交流,連携構築の場としてご活用頂きました。

●日時 :8/4(火)〜8/6(木) 9:30(初日10:00)〜18:00(2日目交流会〜20:00)
●講師: 江刺正喜、羽根一博、末永智一、小野崇人、田中秀治、芳賀洋一、戸津健太郎、小切間正彦、竹井裕
●場所: 豊田中央研究所 (愛知郡長久手町大字長湫字横道)
●主催: 東北大学大学院工学研究科マイクロ・ナノマシニング研究教育センター、MEMSパークコンソーシアム
●共催 : 東北大学ナノテク融合技術支援センター、東北大学マイクロシステム融合研究開発拠点 
●参加費 :無料、但し交流会はMEMS PC会員は一口まで無料、非会員:\3,000
●申込問合せ先 :【 MEMSパークコンソーシアム事務局 】
東北大学大学院工学研究科付属マイクロ・ナノマシニング研究教育センター
E-mail: memspc(@)mems.mech.tohoku.ac.jp

●プログラム●

【8月4日(火)】
10:00-12:30 マイクロマシニング1 (概論、フォトファブリケーション、エッチ ング) [江刺]
13:30-16:00 マイクロマシニング2 (堆積、接合、複合プロセス、パッケージン グ他) [江刺]
16:10-18:00 自動車・家電 関連 (圧力、加速度センサ・ジャイロ他) [江刺]

【8月5日(水)】
9:30-13:00 情報・通信 関連 (ディスプレイ、印刷、記録、光スイッチ他) [江刺、羽根、田中]
14:00-15:00 ナノマシニングとナノ構造体 [小野]
15:10-18:00 MEMSビジネスモデルと課題 [戸津、竹井、小切間]
18:00-20:00 交流会 (MEMSカフェ)

【8月22日(金)】
9:30-11:30 マイクロエネルギ源 [田中]
11:40-12:30 マイクロアクチュエータ [江刺]
13:30-16::30 医療・バイオ 関連 (カテーテル、検体検査 他) [芳賀、末永]
16:40-18:00 製造検査 関連 (電子線制御、分析、微量流体制他) [江刺]

「東北大学イノベーションフェア2009in仙台」にブース出展しました。

東北大学では教育研究活動や産学官連携の取組みの成果を皆様に紹介し、新たな出会いの場を創出することを目的として、「東北大学イノベーションフェア2009in仙台」を開催致しました。 情報通信分野やナノテク・材料、医工・ライフサイエンス、ロボット工学など、最先端の研究・技術内容を展示ブースやプレゼンテーション等でご紹介しました。

●日時:10月14日(水)10:30〜17:00
●場所:仙台国際センター 2階「萩」「橘」
●基調講演:講師 坂村 健 氏(東京大学大学院情報学環教授/工学博士)
 演題「イノベーションとユビキタス」

●詳細はこちら

平成21年度成果報告会を開催致しました。

文部科学省先端研究施設共用イノベーション創出事業 ナノテクノロジー・ネットワークH21年成果報告会 「ナノテクノロジー・ネットワーク」は文部科学省の委託事業で、日本のナノテクノロジー先端研究拠点として選ばれた13拠点の参加26機関が連携し、各機関のナノテク関係先端機器を共用化し、イノベーション創出に資することを目的としています。 
本事業は3年目を迎え、ユーザとの交流の場として成果報告会を北海道拠点において開催することにいたしました。 本報告会では、傑出した利用成果と今後予想される実用面での展開、ならびに参加機関の役割と機器の共同利用がもたらす様々な効果を紹介することにより、事業についての理解を深め、また、ユーザの立場からニーズや要望を発信していただく場となることを目指します。

●日時:平成21年11月17(15:30〜)-18日
●場所:北海道大学学術交流会館
●主催:文部科学省先端研究施設共用イノベーション創出事業ナノテクノロジー・ネットワーク
後援:千歳市、北海道経済産業局、北海道工業試験場、北海道光科学技術研究会、ホトニクスワールドコンソーシアム
●参加費:無料(交流会参加は有料:2,000円)
●お問い合わせ:北海道大学事務局 nanonet@es.hokudai.ac.jp

詳細はこちら

KCみやぎ推進ネットワーク第5回連絡会に出席し事業紹介をしました。

●日時:平成21年12月17日(木)
●場所:宮城県行政庁舎2階 第二入札室

プログラム

13:00〜14:45【シナジー効果発現方法検討WG】 
14:45〜15:00 (休憩)        
15:00〜17:00【連絡会】

議題: (1)今年度の活動状況報告 (2)産学官交流大会について (3)産学官連携フェアについて  他
担当問合先:宮城県経済商工観光部 新産業振興課 産学連携推進班

第8回ナノテクノロジー総合シンポジウム及びnano tech 2010 国際ナノテクノロジー総合展に参加しました。

CINTSの支援成果が「ナノネット5大成果」として選 ばれ、2月17〜19日に東京ビッグサイトに於いて開催される「nano tech 2010」 で展示し、「nano tech 大賞」の素材・材料部門賞を受賞しました!

【nano tech 2010 国際ナノテクノロジー総合展】

●日時:平成22年2月17日―19日
●場所:東京ビッグサイト (東京都江東区有明3-21-1)
●主催:nano tech 実行委員会

毎年この時期に展示会と会議を併設し,ナノテクノロジーに関する情報を包括 的に提供するイベントである。2009より,Green Nanotechnologyを謳い,ナノテク ノロジーを環境調和社会を実現するキーテクノロジーと位置づける。
ナノバイオ Expo 2010,ASTEC2010,METEC'10,nano & neo 新機能性材料展,水処理技術・循環 システムの専門展示会 InterAqua 2010 国際水処理エンジニアリング展,計6展示 会を同時開催する。多くの展示会や会議の同時開催により,あらゆるMarket Place をカバーし,最先端技術と製品のビジネスマッチング創出を図る。詳細はこちら

【第8回ナノテクノロジー総合シンポジウム(JAPAN NANO 2010)】

●日時:平成22年2月19日 10:00〜17:50
●場所:東京ビッグサイト (東京都江東区有明3-21-1)
●主催:(独)物質・材料研究機構  

年々増加するエネルギーの需要に伴い,温室効果ガス排出量をいかに低減するかが,地球環境を保全する上で大きな課題となって来ており,人類社会の持続的発展のためには,効率的なエネルギー生成,利用,貯蔵,消費を進めるとともに,環境に配慮した技術開発が求められております。ナノテクノロジーには,ナノレベルで計測,物質合成,制御,システム化する ことにより,エネルギーならびに環境問題解決に向けた飛躍的な技術革新が期待 されています。今回の「ナノテクノロジー総合シンポジウム」では,ナノテクノロジーによるエネルギー,環境に関わる最新の研究開発について展望します。 詳細はこちら

平成20年度イベント報告

MEMSパークコンソーシアム公開セミナーを開催しました。

●日時:2008年5月13日(火) 13:00〜16:00

●場所:東北大学マイクロ・ナノマシニング研究教育センタ
●講演会:「医療、診断システムとMEMS技術」
●主催:メムスパークコンソーシアム
●共催:東北大学ナノテク融合技術支援センター

概要:医療、診断システムにメムス技術がどのように使えるか?今回は、血液ではなく、汗を 検体として血糖値を測るシステム、神経の中を流れる情報を電気的に観測するシステムを例にメムス技術の活用、展開を議論する。

【プログラム】

開会の挨拶 江刺 正喜
13:00〜「Non-invasive glucose monitoring using sweat 」 Russell O. Potts;       VivoMedical, Inc. Chief Technical Officer & Board Member
13:45〜 「難治性循環器疾患の克服を目指した、超小型神経センサー兼刺激治療装置の開発研究」        神谷 厚範;国立循環器病センター研究所循環動態機能部
14:30〜「バイオ応用を目指したメムス技術」 柳沢 寛;潟<ス・コア
15:15〜 総合討論 江刺 正喜
閉会の挨拶 竹井 裕;メムスパークコンソーシアム事務局長


参加人数は46名(講師込) 参加団体数 23団体(内、東北大の参加人数12名) 参加見込人数は当初30名〜40名(内部も含む)を超え、活発な議論が交わされ、大成功に終えることができました。

MEMS集中講義 in ふくおか を開催致しました。

●講師:江刺正喜、羽根一博、西沢松彦、小野崇人、田中秀治、芳賀洋一、戸津健太郎、小切間正彦、竹井裕

●日時:2008年8月20日〜22日

●場所:福岡システムLSI総合開発センター AB会議室(2F) 

●主催:東北大学大学院工学研究科マイクロ・ナノマシニング研究教育センター、MEMSパークコンソーシアム、(財)福岡県産業・科学技術振興財団

プログラム

【8月20日(水)】
10:00〜 マイクロマシニング1 (概論、フォトファブリケーション、エッチン グ)
13:30〜 マイクロマシニング2 (堆積、接合、複合プロセス、パッケージング 他)
16:10〜 自動車・家電 関連
(終了後希望者に福岡システムLSI総合開発センター見学 )
【8月21日(木)】
9:30〜 情報・通信 関連 (ディスプレイ、印刷、記録、光スイッチ他)
14:00〜 ナノマシニングとナノ構造体
15:10〜 MEMSビジネスモデルと課題
18:00〜 交流会 (MEMSカフェ)(参加費 3,000-5,000円)
【8月22日(金)】
9:30〜 マイクロエネルギ源
11:40〜 マイクロアクチュエータ
13:30〜 医療・バイオ 関連 (カテーテル、検体検査 他)
16:40〜 製造検査 関連 (電子線制御、分析、微量流体制他)

平成19年度イベント報告

「東北大学イノベーションフェア2008in仙台」に出展しました。

●日時:9月30日(火)10:30〜17:00
●会場:仙台国際センター 2階「萩」「橘」

本学の教育研究活動の成果を産業界などに広く紹介することを目的に「東北大学イノベーションフェア2008 in 仙台」を開催します。情報通信分野や材料、医工学、ロボット関連など東北大学で行われている最先端の研究・技術内容を展示ブースやプレゼンテーション等で紹介しし、大盛況の内にイベントを終了することができました。
ナノテク融合技術支援センターは「エネルギー安全科学国際センター」(破壊制御システム共用支援室)と合同でブース出展しました。 多数のご来場、誠にありがとうございました。